唐桟縞
江戸時代末期に、絹物と見間違えるようなおしゃれな着物用の木綿がありました。
当社の納戸の鴨居に結び付けられていた柄立て表を素直におっています。