よきもの柄
京都のよきもの倶楽部さんと現代の女性が、欲しいと思う着物用の反物を狙っています。
使用する色は、そのときの流行色です。
柄は、伝統的なものですがめったにやらない柄が多く、不安に駆られながら織っています。
人気があった柄でも、後追いをせず常に新しいものを出しています。
よって、これに関して柄立て表は作っていません。よって気に入られたらそのときお買い上げ頂かないと二度とありません。