日々の事

<<戻る  次へ>>
2016年11月17日 13時01分
札幌の肉屋さんに木綿を使っていただきました。


札幌三越 限定

愛された伝統のブランド「マルヤ」から受け継いだもの。味も物語もそのままにお届けする、贅沢なハム&ベーコン。
70年の歴史を持ち、多くの札幌市民に愛されてきた「マルヤブランド」のお肉。その味と製法を大金ハムが継承し、丁寧にじっくりと、丹精込めて造り上げたのが「伊勢木綿巻ロースハム」です。職人が見極めた道産肉を14日間にわたって熟成させ、仕上げは由緒ある伊勢木綿と綿糸で巻き上げた、まさにプレミアムな一品。伊勢木綿は、いまでは三重県津市の臼井織布だけで生産されている伝統工芸品です。この木綿の独特な通気性は高級なハム造りに最適とされ、中心部まで均一に加熱できるとともに型くずれを防いでくれるため、わざわざ取り寄せて用いています。また、最後の仕上げに、マルヤ製品で愛された北海道産のクローバー蜂蜜を使用。塩角のとれた、まろやかな風味を引き出しました。マルヤおおがね特製ベーコンと合わせた箱入りで、今回、札幌三越限定にてお届けいたします。隅々までこだわりに溢れた、上質なお品物です。ぜひ、特別な方への品格ある贈り物として、お選びください。

マルヤと大金ハムの絆
マルヤブランドのマルヤ肉店は、1926年に札幌市円山での創業以来、その味が多くのファンに愛されてきました。大金ハムとの縁はともに製品開発をしたことが始まりで、その後、店主同士の味へのこだわりから、とても深い絆が生まれました。2010年にマルヤ肉店が店主の高齢により惜しまれつつ閉店した際、大金ハムに「後のことは全て託したい」と言い遺し、その伝統の味は大金ハムへと受け継がれることとなったのです。

このギフトには、商品のこだわりを説明したカードを添えてお届けします。
【商品原材料】
伊勢木綿巻ロースハム/豚ロース肉、食塩、砂糖、蜂蜜、調味料(アミノ酸)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)

ベーコン/豚バラ肉、食塩、砂糖、蜂蜜、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)

以下のアドレスは札幌三越のハムの購入サイトです。
http://mitsukoshi.mistore.jp/s_sapporo/product/3553900000000000000000437112.html?rid=82b64090c7c740dba85d742a05a854de





2016年11月15日 13時06分
近所の岡本屋呉服店にて、着物レンタルしていただいています。 画像
2016年11月05日 18時19分
最近の傾向です。 画像
2016年10月28日 12時50分
数日前から、誰もいないところでガサコソ音がしていました。
昨日、帰りがけに目があってしまって写真を撮ってありました。
狸らしい狸だったそうです。
画像
2016年10月26日 12時35分
三重県民手帳好評です。本屋さんで売れ切れ続出です。当方に少しおいてあります。ご入り用の方はぜひご検討ください。 画像
2016年10月25日 17時08分
JRタカシマ屋さんにて10月21日より呉服売り場の面積が1.5倍になったことで伊勢木綿を常設してもらいました。
http://www.jr-takashimaya.co.jp/ladies/161018reborn_kimono/
今後、名古屋駅のお近くの方はJR高島屋さんのほうが便利です。
画像
2016年10月05日 08時28分
10月8日、9日11時から18時まで
東京ミッドタウン、キャノピースクエアーにてJR東海によるもう一度伊勢志摩サミットという催事が行われます。
レンタル伊勢木綿を用意しています。
着ていただき、六本木を散策していただけます。写真撮影もあるそうです。
お待ちしております。(残念ながら、私は行けませんが)
画像は、大塚呉服店さんのものです。
画像
2016年10月04日 08時33分
来年の三重県民手帳に採用されました。
10月11日より三重県内の本屋さんにて販売です。
画像
2016年09月09日 07時40分
レアな頂き物です。箱は家宝に取っておきます。 画像
2016年09月01日 17時00分
有名な帽子作家の市瀬晶子さんに伊勢木綿で帽子を作っていただきました。愛用させていただきます。 画像
2016年08月11日 09時34分
明日から17日まで、お盆休みにします。

画像は、40ん年ほど前に京都の木綿問屋の売り出しの時に使われた手ぬぐいです。たまたま、会社の納戸にまとめて置いてあったのを、発見しました。今度、手ぬぐいで復活させようかと考えています。
画像
2016年08月09日 08時12分
当方、普通の田舎の織物工場です。見学専用になっていませんので、土日祭日、お盆と正月はお休みしています。悪しからず。
さて、滋賀県愛荘町歴史博物館にて面白そうな企画展をされています。
http://www.town.aisho.shiga.jp/rekibun/
今度行ってみようと思います。
近くの施設でも、このように興味をそそられる企画展をされると良いのにと思います。
画像
2016年07月18日 10時27分
伊勢志摩サミットが終了して少し経ちますが、各国首脳の椅子に伊勢木綿の生地が使われました。明治時代から続く倉敷紡績の三馬を用い、柄は伊勢木綿の特徴である片はの千筋で、生成り縞を使用していただきました。
オリバーさんという家具メーカの方にはお世話さまになりました。
画像
2016年06月06日 13時38分
何事も無く、伊勢志摩サミットが終了し良かったです。
お礼のポスターをしばらくの間、玄関に貼っておきます。
画像
2016年05月01日 11時23分
ビームス 伊勢木綿と検索すると衣伊勢木綿のバックが引っかかってきます。
ハイドロゲン 伊勢木綿でも引っかかってきます。
名誉なことです。
画像
2016年04月22日 18時52分
JAL海外便の機内誌に少し載せていただきました。
画像
2016年04月18日 08時31分
大阪梅田阪急のHYOROGENというブランドにて、日本のいいものとして展開していただいています。 画像
2016年04月05日 08時25分
marobayaさんの詳しい情報です。 画像
2016年04月05日 08時10分
marobayaさんから、お手紙いただきました。めったに活動を公表されないので何処で何をやっているか、またネット上その考えや方向性を強く示されません。
今回、吉祥寺で展示会をされるとのこと。ファンが多いので、たくさんの人が行かれると思います。
画像
2016年03月21日 09時23分
宮崎より児玉君が来ました。元気そうでした。太物サミットへの参加依頼が主な要件でした。参加の方向で考えています。
太物といえば、木綿問屋が扱っていました。日本橋では、畑龍商事、大三、田端屋など、京都では、ヨアケ、大和織物、川島商店など、大阪では紅友さんとかいっぱいありましたが、いなくなってしまいました。現在、木綿を扱っているところは、小間物屋さんや、浴衣屋さんが多いです。昔の太物屋さんは、目利きがいて厳しかったです。
太物サミットでは、どういうことがテーマになるか楽しみです。
画像
2016年03月19日 08時44分
七緒さんのイベント情報です。

【七緒イベント情報】発売中の春号でもお知らせしていますが、今春も東京「松屋銀座」8階で「七緒の『和トセトラ』2016」が開催されます! 
会期は4月5日(火)〜11日(月)。今年初出店のお店も魅力的な着物や帯、小物や肌着をたっぷり携えて参加。詳細はこちらで随時、ご案内します!

画像
2016年03月17日 07時54分
sou souの関係で昔から存じ上げているOMOの森田元子さんが世界文化社から本を出版されました。着物に対する気持ちは深くたくさんあり、その思いをを込めて作られました。近年にない、着物のことがよくわかる本であると思います。ぜひご一読を。
画像
2016年03月07日 16時54分
難波高嶋屋さんでも、展開していただいています。

http://www.takashimaya.co.jp/osaka/pickup_news/index.html
画像
2016年03月04日 14時18分
明日、3月5日よりおかげ横丁大黒ホール2Fにて、すかや呉服店のお骨折りにより伊勢木綿の着物レンタルを始めます。

http://www.kimono-ayano.jp

着物で参宮です。
画像
2016年02月26日 08時34分
こんな呉服屋さんが増えるとよいのですが。
http://tsukachan330.hatenablog.com/entry/2016/02/25/231102