伊勢木綿の云われ
奈良時代に大和朝廷より錦織の技術が伝わる。
それ以降、絹、麻、草綿等の織物が盛んに織られた。伊勢紬が有名であった。
室町時代に綿の種が伝来、伊勢の地方は土、水、天候、冬場の肥料鰯に恵まれ綿の生育に、三河、河内等の産地と同じく恵まれ一大産地になった。特に良質の綿が取れ、最高級の木綿との評価を得た。
江戸時代初期に、川喜多家や田端屋は江戸に持って行き伊勢の国からきた木綿つまり伊勢木綿と呼ばれた。地元では桑名縞、富田木綿、神戸木綿、白子木綿安濃木綿、磯山木綿と呼ばれた。

伊勢の国は、現在の伊勢市でなく藤堂藩の収めた所を言う。
また松阪は紀州藩であり江戸時代中ごろに近江商人を呼んで急速に作った町である。
残念ながら,藤堂氏は関が原までは西軍であった為、家康には可愛がられたが外様大名であった為、家康亡き後いろいろな圧力を受けた。その一つがわれわれの先祖に対して、荷物を出す権利、江戸で受ける権利を冥加金制度にし近江商人は幕府と直結していた為木綿の販売を握ってしまい、祖先は、利根川沿いに群馬、茨城、千葉のほうに売っていたそうです.その名残として、白塚に有る常夜灯は千葉の業者から大量に木綿を売ってもらったお礼に作られたそうです。
また、ロシアに流された大黒屋光大夫の積荷は伊勢木綿でした。
藤堂高虎が入城した最、市内を流れる岩田川は晒しを洗う為、真っ白であったとの記述も有ります。
基本的に、1600年代の地震、第2次世界大戦、伊勢湾台風等の災害によりほとんどその資料はなくなっています。国会図書館に明治時代の伊勢織物誌、津市誌等に載っています。

明治以降、松阪の近江商人は特権がなくなり消滅しましたが、政商であった為より儲かる事をして、三井、西武、伊藤忠となっています。
近江泥棒伊勢乞食と言われる所以です。
明治以降は、再び直接日本橋との取引をし、一大産地になりましたが、戦後、廃業が相次ぎ当社が残っているだけで、地元の人も忘れています。
伊勢唐桟について
 昔より、伊勢の国は絹、麻の織物の産地として有名でした。
津もじ 麻の織物で峠に利用した 津の清水村で織られ全国で唯一織ることを幕府より許されていました。
絹織物 亀山製糸、高岡製糸など少し内陸に入った地域は絹の生産が盛んでした。
伊勢紬の名前で全国的に有名でした。
以上のような言い伝えがあります。
 また、藍染めの紺無地を白雲織り、千草街道近くで織られたものを千草織りと呼びました。
江戸時代に、奢侈禁止令がでた折に木綿を絹のように細く引き絹の代用品として使われました。その当時絹よりも高価であったそうです。その柄行きは唐より伝来の柄という意味で唐桟縞と呼ばれ、特に伊勢の国の唐桟は良い綿から引いた糸で織ってある為、高級品の代名詞であったそうです。
 その当時から伝わる色々な縞の名前には、カルサン縞、夏縞、冬縞、丸棒等色々用途によってありました。
戻る