【糸の準備】
かせくりをする。
精錬をして汚れ油分を取る。
すべてにおいて化学薬品は使わない。
↓
【糸染め】
藍染め、お茶染め、くり皮染め、堅牢染め
すべてかせ染めです。
打ち込み密度をあげる為横糸に使用する糸には糊を使いません。
縦糸には、ムネン糸ですので弱い為、澱粉糊を用いて、糊付けをします。
サイジングではありません
【 WindowsMediaplayer 】
512kbps
↓
【糸巻き】
染め上がった糸を木の糸巻きに(ボビン)巻き付けます。糸巻きは何本も用意します。(多いときは250本)
糸巻きを「屏風(整形)」にセッティングし、糸巻きから一本づつ引き出した糸をさらに大きなチキリに巻いていきます。
全てが機械まかせではなく、傍らで絶えず人が見て機械の調整をしながら、糸を巻いていきます。
【 WindowsMediaplayer 】
512kbps
↓
【機織】
いよいよ機織りです。
チキリに巻きつけた糸を縦糸として力織機に取り付け機つなぎをします。
シャトルについた横糸が右へ左へと自動的に行き来し、少しづつ木綿布が織り上がります。大体1分間に3センチほどが出来上がり、一反分約13mを仕上げるのにおよそ一日ほどかかります。
その間もベテランの織り子さんが絶えず織りあがりの様子を見て注意しています。
織り機の調整は紐でくちあきを調整する事が主な仕事です。
織りあがりの風合いを決定します。この仕事は以前手直しと呼んでいました。
【 WindowsMediaplayer 】
512kbps