素朴な色柄、暖かな手触り、落ち着いた風合いが特徴の伊勢木綿には、白雲織、千草織、伊勢縞、萌黄織、白格子、カルサン縞があります。
名前をクリックしていただくと代表的な木綿と説明が表示されます。

白雲織 千草織 伊勢縞 萌黄織 白格子 カルサン縞
白雲織 千草織 伊勢縞
萌黄織 白格子 カルサン縞

白雲織

白雲織とは…
糸染め(藍染め)の紺無地のことで、今となってはその呼び名の理由はわかりません。しかし、昔の藍染めの良い紺は川辺から蒸気がたち上るような妖艶さがあります。
紺無地は、地域により耳の色が違っていました。
遠州は赤耳、伊勢は白耳です。
日本橋の問屋で、すぐ見分けがつくようにと耳の色をつけたようです。

千草織

千草織とは…
江戸時代は、染めた糸を農家へ持っていき、織ってもらっていたそうです。できた物を問屋が買い上げ、日本橋で伊勢木綿と言われました。整形をする時や、横糸がすこしづつ残ります。それを農家の自家消費用に織ったものが千草街道の方では千草織り、安濃津地方のものは安濃津木綿とよばれました。
残り糸で作りあげるので、糸の太さ、色も様々です。それを品良く上手く整形するのが、農家の女性の器量でもありました。

伊勢縞

伊勢縞は…
江戸時代末期のトウザンジマよりも庶民が普段着に使えるように、凝った柄は少なく単調なものが多いようです。
当社の伊勢縞は、納戸の天井の鴨居に、くくり付けられた紙の中から出てきた柄立て表を、そのまま素直に織っています。その存在を先代も見たことがないといっていますから、かなり前からくくられていたようです。

萌黄織

萌黄織は…
明治に入り、伊勢木綿の業者は競うようにいろいろと思考をこらしました。栗皮染めのように、昔からあるものに焙煎を変え、目新しい色を出したり、萌黄色のように、藍染めと黄色を染める(カリヤス)物の併用で萌黄色を出したりしました。この萌黄色は、日本橋で大ヒットしましたが、色落ちが酷かった為、あとに織り萌黄なるものを考案したそうです。縦糸と横糸の色のバランスで萌黄色に見えるように織ったものです。実物を一度見たことがありますが、このような色でと驚きました。

白格子

白格子は…
江戸時代末期までは、庶民は着の身着のままで一日中過ごし、寝るときはワラの中だったそうです。大名、武士、商人は寝巻きや布団を使っていました。大名の寝巻きは晒しで作ってあったそうです。毒を盛られたり病気の発見に都合が良かったそうです。しかし庶民が江戸末期に使い出すときに死に衣装と忌み嫌ったため伊勢木綿の業者の一人の福田金蔵氏が晒しに色糸を入れたものを考案し売り出した所、大ヒットしたそうです。
残念ながら一番木綿らしい布だと思っていますが、寝巻きの需要がほとんどなくなり生産も少く、何とか残そうとパジャマに仕立てています。

カルサン縞

カルサン縞とは…
織田信長が海外と交流していた頃ズボンの柄として日本に入ってきました。『カルソン』…フランス語のズボンと言う意味だそうです。長年日本各地で柄が受け継がれ、小浜カルサン、京都カルサン、大和カルサン、桑名カルサンと、地方で独特の発展をしました。地域性があり聞いたところによると一山違っただけで柄が変わったそうです。戦前ぐらいまで各地のもんぺの柄として使われていました。