三重県津市で伊勢木綿を織り続ける織屋ー臼井織布

お知らせ

2020.07.05
木綿問屋の手拭について   昭和40年頃から50年にかけて、まだ日本の繊維産業が元気な頃、父は全国に鞄を持って営業をしていました。販売が目的ですが、情報交換を主な目的として全国を回るたぶん最後の昔ながらの伊勢商人でした。 営業先の一つで京都の室町五条上るに木綿問屋がありました。現在もその近くで営業をされていますが、そのネットワークの大きさには歴史を感じます。他の木綿問屋さんは、廃業され、全国的に室町の木綿問屋と日本橋の木綿問屋2軒だけだと思います。最近頑張っている処は、浴衣屋さんが多いようです。 その木綿問屋さんは、綿布の販売では取引高が多く、関西一円の小売屋さんに対して季節ごとに又お盆正月明けに、大売出しをしていました。 昭和50年代後半に私もご機嫌伺いに行きましたが、勢いのある売出しを鮮明に覚えています。 売り出しの記念品に、父は手ぬぐいをいただいていましたが会社の玄関にあるロッカーの上に紙に包んで無造作においてありました。 父が亡くなってしばらくして、書類等を整理していた時に気づきましたが、その手ぬぐいは販売目的でなく、記念品として面白いものをということで一つ一つがよく考えられていました。 最近、その京都の木綿問屋さんといろいろ相談することがあり、貴重な資料として保存していた手拭があることを伝えると、驚かれていました。すでに,木綿問屋さんにはその手ぬぐいは無く、事情を聞くと社内の絵心がある人がデザインをして、採算を考えずに作っていたとのことでした。一つ一つよく考えてあり、昔の手拭を復刻することも面白いのではないかと話し合いが進み、少しだけ復元しました。 復刻に当たり、現在ではすでに無くなったデザイン、現在でも通用することを前提に二柄染めてみました。 全部で20柄以上あり、京都の行事(祇園祭や鞍馬の火祭、日々の生活)などをテーマに風情があり現在の手ぬぐいとイメージが違い面白いです。 今後、余裕のあるときに少しずつ復刻してゆきたく思っています。
もっと読む
TOP

Copyright©Usuishokufu Co.Ltd., All Rights Reserved.

  • お知らせ
  • 伊勢木綿とは
  • 製法の紹介
  • 木綿のキモノ
  • ネットショップ
  • 会社概要
  • お問い合わせ