三重県津市で伊勢木綿を織り続ける織屋ー臼井織布

お知らせ

2019.09.04
今年冬の終わりに、宮崎の児玉さんの提案を受け全国の伊勢木綿愛好家の方にお声をおかけし産地見学をして頂きました。全ての方が伊勢木綿を着て来ていただき誠にありがとうございました。工場見学や国宝になったばかりの高田本山の拝観など、伊勢の空っ風と言って鈴鹿下ろしの風のきつく寒い中十分なおもてなしができないにもかかわらず参加していただきありがとうございました。その後行きたかったですとのコメントも多数いただきました。 さて、その場に置いてどこで伊勢木綿を販売しているか不明ですとのコメントをたくさんいただきました。その昔、木綿問屋という木綿だけを扱う問屋が日本橋、室町通りにありまた、昭和50年代にそのほとんどが廃業しました。現在残っているのが、日本橋では畑竜商事、室町ではヨアケです。残念ながら当方の着尺を扱うことは販売網、趣向の違いによりできず、ここ数年、浴衣屋さんに扱っていただいていました。木綿問屋は年間を通じて木綿を販売していただきましたが、現在の問屋さんは、催事を通じて期間限定(一週間程度)が多くなかなか当方の木綿を目にすることがない、とのコメントがありました。 皆様に、現在どんな織物をやっているかのお知らせすること。又、生産量の減少に伴いネットショップでの展開を模索してきました。皆様のご助力をいただき9月1日よりオープンしました。今後、色々なアイテムを追加してゆく所存です。 画像はいつ通りの作業風景です。 よろしくお願い申し上げます.臼井
もっと読む
TOP

Copyright©Usuishokufu Co.Ltd., All Rights Reserved.

  • お知らせ
  • 伊勢木綿とは
  • 製法の紹介
  • 木綿のキモノ
  • ネットショップ
  • 会社概要
  • お問い合わせ