お知らせー臼井織布

お知らせ

2018.07.21

最近のこだわり商品です。

昔、布巾という布が台所にありました。使わなくなって時間がたちました。しかし最近手ぬぐいを使う方が増え、当方では2枚重ねの布巾を作っています。使用方法は多岐にわたり最近の商品は使用目的をはっきりさせないと理解されることがむずかしくなりました。

その1 布巾 机の上のお茶のこぼれなどを拭くもの

その2 kitchenマット 熱い鍋を掴むときや、濾すときに使用

その3 最近の暑い日の夕方焼酎割りなどのコップの下にひく

などの多岐にわたる便利物をお勧めしています。

 

 

2018.07.19

暑い日が続きますが、雪化粧をお送りします。

駐車場の所の入り口に中日新聞受けがつけてあります。そのひさしの上に雪が積もっているところです。その時は寒い寒いとストーブの暖を取っていました。日本は四季折々の季節の変化があり良いのですが、少し極端になってきたようです。

2018.07.18

最近非常に暑いです。ぜひ日傘をお使いください。

2018.07.18

作業風景です。

毎日整経をしています、文の生地まで、品質向上のため整形をするようになりました。

2018.07.17

 

暑い日が続きます、夏の暑いときは30の綿麻の夏着物をお使いください。

涼しくなったら画像の様に着ていただくと良いです。

画像はお借りしました。

 

 

 

2018.07.09

先日、久留米絣の製造業者の団体が見学に来られました。ちょうど大雨の時にダブり心配しました。

色々お話をさせていただきましたが、やはり感じたのは業界がしっかり残っていること、また、同じ綿素材ですがかなり高級品で

市場での評価も高いと感じました、(柄を絣で作る技術はすごいです)

その時に言い忘れたのですが、明治時代に伊勢織物工業組合で久留米絣工業組合と連絡を取り合い人材の交流もあり

技術の交流もあったそうです。伊勢織物誌より

現在、三重県綿スフ織物工業組合は以前三重県知事であった北川氏の指示により解散している状態で産業としての

綿織物業は壊滅です。当方もいつまで続けることができるかわかりませんが頑張ります。

画像は以前伊勢木綿の愛好者の方が、明治神宮で縄跳びをされているところです。良くお似合いです。

本文中の画像は、近所の子供用の本の書店の所で作られたハリネズミです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
  • お知らせ
  • 伊勢木綿とは
  • 製法の紹介
  • 木綿のキモノ
  • 会社概要
  • お問い合わせ