お知らせー臼井織布

お知らせ

2019.09.11

インテリアとして使っていただきました。

2019.09.09

先週末に近くの中学校にて少しお話をしてきました。担任の先生に伊勢木綿に着物を着ていただきました。良くお似合いでした。先生によると着た瞬間から暑い日だったのですが非常に涼しく、又動きやすく木綿ですので緩く締めていただき非常に快適だったとのことでした。あとでお伺いしたのですが、伊勢木綿の着物着てみたかったのだそうでした。

猛暑でなく、夏の暑さなら着ていただいて問題ないようです。

画像は中日新聞に載った記事です。左の方に先生が写っています。

2019.09.04

今年冬の終わりに、宮崎の児玉さんの提案を受け全国の伊勢木綿愛好家の方にお声をおかけし産地見学をして頂きました。全ての方が伊勢木綿を着て来ていただき誠にありがとうございました。工場見学や国宝になったばかりの高田本山の拝観など、伊勢の空っ風と言って鈴鹿下ろしの風のきつく寒い中十分なおもてなしができないにもかかわらず参加していただきありがとうございました。その後行きたかったですとのコメントも多数いただきました。

さて、その場に置いてどこで伊勢木綿を販売しているか不明ですとのコメントをたくさんいただきました。その昔、木綿問屋という木綿だけを扱う問屋が日本橋、室町通りにありまた、昭和50年代にそのほとんどが廃業しました。現在残っているのが、日本橋では畑竜商事、室町ではヨアケです。残念ながら当方の着尺を扱うことは販売網、趣向の違いによりできず、ここ数年、浴衣屋さんに扱っていただいていました。木綿問屋は年間を通じて木綿を販売していただきましたが、現在の問屋さんは、催事を通じて期間限定(一週間程度)が多くなかなか当方の木綿を目にすることがない、とのコメントがありました。

皆様に、現在どんな織物をやっているかのお知らせすること。又、生産量の減少に伴いネットショップでの展開を模索してきました。皆様のご助力をいただき9月1日よりオープンしました。今後、色々なアイテムを追加してゆく所存です。

画像はいつ通りの作業風景です。

よろしくお願い申し上げます.臼井

2019.09.01

この度、臼井織布の直営オンラインストアを開店しました。

オープニングセールとして、会員登録された方を対象に20%OFFセールを実施しております。
期間:9月1日〜20日13時まで

アドレスはこちらです。
http://isemomen.online

商品ラインナップはまだ反物のみですが、お仕立ての最大手、アシスター様との提携により、伊勢木綿の反物から気軽にお着物にできる道筋ができました。

全国の皆様に伊勢木綿の魅力をお届けできればと思っております。

今後も色々と商品展開していく予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。

2019.08.24

画像は、昔晒を疋単位で梱包していた文庫です。

伊勢晒は、古く藤堂高虎が津に初めて入城したときに岩田川が晒を洗うのに真っ白であったとの記述が、

一つ前の津市史に書いてありました。

大体、織物業者は晒を織るところは晒ばっかり織っていました。綿ボコリがいっぱい飛ぶので

色物の綿ボコリが付着することを防止する目的でした。

後晒の技術は比較的新しく、昔は糸晒でした。

当然、糸晒のほうが難しく難もたくさんあったと思います。

後晒の技術が完成したことで、品質も安定しました。

生産性の向上が目的で、サイジング(経糸を荒巻して、糊付けする)が可能になり

値段も安定し、生産性もよくなりましたが、あぜを取らないため、風合いが良くないと感じています。

よって、当方の晒は部分整形によりあぜを取って生産しています。

自己満足かもしれませんが、日本製のプライドを守ってゆきたく思っています。

2019.08.20

居内君が最近インクジェットにて昔の柄を使い帯に展開しています。

人気です。

扇風機の柄です。

 

長いお休みをいただきましたが、すぐ普通の生活に戻りました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10...17
  • お知らせ
  • 伊勢木綿とは
  • 製法の紹介
  • 木綿のキモノ
  • ネットショップ
  • 会社概要
  • お問い合わせ