お知らせー臼井織布

お知らせ

2020.02.26

伊勢木綿がずらりと並び、手に触れられる。そんな場所が、一身田寺内町の商店街にオープンしました。まだ名前も決まっていない、できたてほやほやの場所ですが、伊勢木綿など地域のすてきなものを発信するギャラリーになっていく可能性を秘めています。

この場所は、商店街のちょうど真ん中あたり、お菓子屋たけやの斜め前にあります。江戸時代から木綿屋をやっていた(現在は廃業)森川邸の商店を、掃除し、畳を綺麗にしたりと整えました。建物は土間がある昔のままのつくりで、年季の入った梁や階段も見事ですよ。一歩足を踏み入れると、タイムスリップしたような気持ちになります。

重厚で趣ある建築が、展示してある伊勢木綿の反物と、しっくりと合いますね。また、伊勢木綿はなかなか手触りを確かめる機会が少ないので、実際に触れられる貴重なチャンスです。

反物以外にも、小物入れや手ぬぐいなどのグッズの展示販売もしています。

 

10時〜17時に、お店を開けてお待ちしています。ぜひお立ち寄りください。水曜定休です。

2020.02.24

札入れです。

昔、hikokkuだったと思いますが気に入って使っていた札入れがありました。そのイメージを伝え試作をしていただきました。

完璧です。若干の修正をして販売に持って行ければと思っています。腕の良い革屋さんです。

 

 

2020.02.22

伊勢木綿を製造しているところは、残念ながら弊社だけとなってすでに50年ほどたちます。平成に入り三重県の伝統工芸品に指定されています。伝統工芸品のマークを使えるのは弊社だけです。いろいろなところで伊勢木綿の商品が出ていますがマークの使用については三重県のほうで細かな規定があり他のところでは使えません。ご注意ください。

さて画像の布張りの小箱にも伊勢木綿のマークを張り付けてあります。この商品は600円にて販売しています。上部にクッション材を入れ柔らかくして、柄がゆがまないように注意して貼ってあります。最近の傾向として、値段で物の値打ちを判断される方が多いです。残念ながら弊社は、木綿の製造業者として昔から掛け率を少なくたくさんの人に使っていただこうと安い設定になっています。

 

伝統工芸品のマークです。

2020.02.17

言い伝えで 無地これ極上 という言い伝えがあります。

藍染ナス紺の糸染めの無地は、白雲織という言い伝えがあり

川面から立ち上がる霞がかった霧のように妖艶であります。

現在も当方はすべて綛による糸染めですので、糸染のむらや縦糸と緯糸の染めるタイミングのずれによる微妙な色のずれなど、後染めでは考えられない揺らぎがあります。

画像の場合は、経糸が黒、緯糸がこげ茶です。その2色が合わさって表現する色です。また経糸緯糸とも、よりの甘い糸ですので糸むらがありそれが細かな色むらを表現しています。後染めの場合ですと、塗った感じになりノッペリシテしまいます。

現在のインクジェットプリンターは近いうちにその揺らぎまで表現してしまうかもしれません。そうなったら本当に当方の存在価値は終わりです。

 

2020.02.13

10年ほど前に当地の国宝高田本山寺内町案内ボランチアさんの半纏を作りました。当時すでに、着物に柄行を振っていましたが長年お使いいただくにあたって伊勢木綿の伝統歴ながらを選ぶにあたりカルサン系のものをえらいました。カルサンつまりカルソンズボンを意味し戦国時代から江戸時代初期あたりまで海外からズボンの柄としてたくさん日本に伝わった柄行がありました。洗練されていて当時から戦後まもなくまで各地でモンペの縞として使われてきました。(現在のモンペの縞とは違います)地方により柄行に特徴があり、当方では各地に出向き注文を取っていたため、大和カルサン、小浜カルサン、京都カルサンなどと地域のオリジナルな柄がありました。(父に聞いた話では一山越えると柄が変わったと)

で10年ほど前に代表的な大和カルさんの柄で半纏をおつくりしたのですが、10年たって紫外線や汗による焼け、洗濯による色落ちなどがすすみ染屋さんに堅牢度を挙げてもらうように相談したのですが、逆に10年たってこの程度の焼け、生地もほつれもなく破れもない非常に良いですと言われました。またその当時は長年縫製の内職をされていた松岡さんの縫いでどこも傷んでいないです。誠にありがとうございます。

染屋さんからのお手紙をつけておきます。

 

2020.02.07

久しぶりに面倒な柄立てをしました。反物の端からすべて同じ柄ではないものです。面白いかもしれませんが糸染めで表現しようとすると毎回柄を立て直して筬通しをすべてやり直しです。七変化弁慶も同じです。

最近の、居内君が得意なインクジェットでやればあっという間なのですが。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10...22
  • お知らせ
  • 伊勢木綿とは
  • 製法の紹介
  • 木綿のキモノ
  • ネットショップ
  • 会社概要
  • お問い合わせ